0歳からの習い事は必要!?子供には意味なし!それでも私が感じたメリットとは

スポンサードリンク





私なりの結論から言います。

0歳からの習い事は

“必ず要る”ものではないです。

はっきり言って、

なくても全然問題ないです。

我が家では、0歳から習い事をさせました。

音楽の習い事で、

ネイティブの先生が英語の歌を歌い、

それを他の赤ちゃん、お母さんたちと輪になって

一緒に歌うというものです。

音感が養えるとか、英語に慣れる・・・

とか、いろいろ謳われていましたが、

子供が小学校高学年になった今、

どちらも実感はしていません(汗)。

音痴だし・・・

英語も日本人英語です・・・。

しかも結構な金額を出して習っていた割に、

子供はまったく記憶にありません。

(年齢を考えれば当たり前ですが)

では、あの時間とお金はなんだったんだー!!!

無駄だったのか!??

と言えば、それは違います。

0歳で通った習い事。

実は、結構なメリットがあったんです!

私の感じたことをご紹介していきます。

子供の習い事が外に出るキッカケになる

スポンサードリンク

出産をしてから、めっきり家に

閉じこもりがちになっていた私・・・。

なんだか億劫で・・・。

そして、赤ちゃん連れでの外出に

ちょっと不安もあり・・・。

外出したとしても、近くの公園と

ショッピングセンターくらい・・・。

なんともメリハリのない生活をしていました。

下手をすると、化粧もせず・・・。

赤ちゃんと共にごろごろする毎日・・・。

そんな中、これではいかん!

と思い立って始めた子供の習い事。

「え、0歳で習い事とかいる??」

と旦那は言っていましたが、

「私がこの生活に耐えられない!!」

ということでOKをもらいました。

そう、そもそもが

私のためだったんですね(汗)。

ですが、習い事を始めたおかげで、

外出をする理由が見つかり、

生活にメリハリができました!

子供の習い事から普段会わない親子に出会える

いつもは、

近所の同じ0歳の子を持つお母さんたちや

児童館で知り合った、

これまた同じ地区のお母さんたちと会って、

話したり、遊んだりしていました。

ですが習い事を始めたら、

これまで知らなかったお母さんたち・お子さんたちに

出会うことができました。

世界が広がった感じがして、面白かったです。

刺激になりますし、

視野も広がりましたよ!

“お母さん”じゃない大人と出会える

これもよかったな、と思ったのは

先生と週に一回とは言え、話ができたこと。

いつも出会うのは、

赤ちゃんを連れたお母さんたち。

なかなか、それ以外の大人と

接することはありませんでした。

しいて言えば、スーパーの店員さんと

旦那くらいかもしれません・・・。

その中で、習い事の先生と話せたことは

不思議と育児の息抜きになりました。

先生が英語のネイティブ講師だったこともあり、

学生時代以来使っていなかった英語を使えて

それも楽しかったように思います。

(結構しどろもどろでしたが!)

まとめ

子供が0歳の時にさせた習い事・・・

それによるメリットは、

どれも(我が家においては)

母である私が享受したものでした。

だって、子供はまだ0歳。

何といっても赤ちゃんです。

もちろん、いつもと違う風景で、

いつもと違う人に囲まれて、という刺激は

赤ちゃんの脳にいい影響を与えるかもしれません。

ですが、目で見えるような成果は

なかなか期待できないと思います。

赤ちゃんの習い事が

目に見えて影響を受けるのは、

むしろお母さんの方だと、私は感じました。

小さな赤ちゃんを育てるお母さんにとって、

ずーーーーっと1人きりで

赤ちゃんと向き合っているのって、

結構しんどいと思います。

ですが、習い事をすることで、

自分の気持ちを他にそらすことができます。

文字通り外の空気を吸って

リフレッシュすることができると思います。

もちろん、

「だから必ず習い事はしたほうがいい!」

ということでは全くありません。

でも、お母さんが毎日の生活から

リフレッシュしたいという時には是非、

赤ちゃんの習い事を検討することをお勧めします!!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする