出産費用が不安!?貯金が全然ない夫婦でも安心して出産する方法

スポンサードリンク





うれしくも妊娠したのだけれど

出産する時って当たり前だけど

お金がかかるよね。

でも全然貯金がなくて出産費用が

出せないかもしれないので、とっても不安だなあ…

と思われているご夫婦もおられることでしょう。

出産が近づくと働くこともできなくなるし、

産んでからもすぐに仕事復帰は難しいですよね。

旦那の稼ぎだけじゃ

費用が足りないのではないかな…

どうしよう?

とにかく不安だと思っている方。

安心してください。

出産費用をかなり抑えることが

できる方法があるんですよ。

出産費用に関する事柄について解説しますね。

しっかり学んで上手に活用しましょう。

まずはしっかり把握しよう!出産費用はどれだけ必要?

スポンサードリンク

ところで出産費用って具体的に

いくらぐらいかかるものなのでしょうか?

妊娠がわかってから出産までの間に

妊婦検診を14~5回受診することになります。

一回の診察で5千円~2万円ほどです。

ただ各自治体が助成金を出してくれますので、

平均すると妊婦検診費は10万円程度になるようです。

そして実際の出産費用ですが、

入院・分娩費には保険が適用されず、

平均すると50万円ほど。

東京の方は高めの60万円ほど。

設備の整った大きな病院の場合は

100万円を超える場合もあるそうです。

帝王切開や、

切迫流産・早産の危険性がある時には

思わぬお金がいる時もあります。

普通の病気の入院の場合は

退院する時に費用を請求されます。

ですが出産の場合は「産み逃げ」と言って、

出産後すぐに費用を払わず

逃げてしまうことがあるそうなので…

分娩予約金が必要になる場合もあります。

予約金の相場は5万円~20万円です。

このように大体総合すると

出産費用は50万円ほど用意した方がよさそうです。

もちろん出産後もベビー服やおむつなど、

いろんな諸経費もかかりますので、

いろいろ不安ですよね。

お金がないあなたへ!出産費用は心配しなくて大丈夫!?

とりあえず出産費用だけでも

持ち出しを少なくすることが大事ですよね。

いろんな補助制度を大いに活用しましょう。

出産にかかる費用は

健康保険に加入している人なら

誰でも出産一時金として

補助を受けることができますよ。

一時金は一児につき

42万円受けることができます。

なので費用を押さえることができる病院なら

持ち出しがなく、すべて補助金で支払うこともできます。

この制度は出産予定日の

約1か月前から申請することができ、

約2か月以内に受け取ることができます。

受け取るのは出産後、ということになりますが、

病院にはすぐに支払いを行わなければいけません。

立て替えるお金がない時は

一時金を直接病院に支払ってもらう事もできます。

もし42万円以上費用がかかったとしても

差額だけ支払えばよいので

経済的にもかなり楽になります。

注意点は病院によって

直接支払制度がないところもある事。

ですのでしっかりと事前に確認しておきましょう。

他には最近ではクレジットカードで

支払いを受け付けてくれる病院も増えています。

可能ならば分割払いにしてもらったり、

カードの決済日によっては請求が

翌々月になることもあります。

その間に一時金を受け取って置けば

支払いの心配はないということになります。

あるいはお住まいの自治体によっては

出産や育児の助成金制度を

導入しているところもあります。

あるところでは出産助成金で

最大60万円受け取れるところや、

子供2人目以降なら育児助成金を

受け取れるというところもあります。

妊娠20週以降、

誕生から1年未満の間に誕生準備金として

45000円支給されるところもあります。

まとめ

出産にはいろいろな費用がかかるのは事実ですし、

誕生後も育児や教育のためにお金がかかります。

出産一時金や教育金補助制度などを

大いに利用しましょう。

病院によっては

ソーシャルワーカーがいるところもあります。

相談すれば、

いろんな制度や手続きの方法を教えてくれます。

安心して出産できるように

前もって調べておきましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする