子育てと仕事の両立は無理!?正社員という働き方を変える!転職という選択

スポンサードリンク





ずっと続けていた仕事を変えるのは、

とても勇気がいる決断ですよね。

人間関係が良いとか、お給料が高いとか、

自分で気に入っていたならなおさらです。

子供が生まれても、また復帰して

同じように働きたいと思って

産休・育休をとります。

けれど、実際に子育てが始まってみると…

思っていたのと違いませんでしたか?

私は想像以上にたいへんで、

以前と同じく働くことが難しい、

と絶望しました。

そこで思い切って正社員の仕事を辞め、

パートのお仕事に転職。

今はこの働き方がとてもバランスよく

自分に合っていると満足しています。

これまでのキャリアを

捨てることは辛いけれど、

いざ捨ててみるとスッキリ!

転職しようか悩んでいるなら、

今がその時・チャンスですよ!

出産前の仕事に対する思い

スポンサードリンク

私は正社員としてお仕事していた時に

妊娠がわかり、産休と育休をとりました。

妊娠するまではバリバリ働いていて、

仕事に楽しさとやりがいを感じていました。

リーダーという責任のある立場にあり、

私がいないとダメとまで思っていました。

産休に入る前は、

とにかく早く仕事に復帰して、

また変わらず働きたいと思っていました。

妊娠前に正社員で働いていて

よかったと思うのは、

福利厚生の手厚さです。

育休・産休だけでなく、

健診のためのお休みや

有給休暇をたっぷり使っていました。

お金の面では、育児休業給付金のほかに

お祝い金もあり、とても恵まれていました。

こんなにお休みと

お金をもらっているのだから、

早く復帰してお返ししないと…

そういう思いもあり、

出産後は同じ職場で同じように勤務するのが

当然と考えていたのです。

育休中に感じた仕事復帰への不安

出産し、子育てが始まってみると、

その大変さは想像以上でした。

時間の使い方ががらりと変わり、

とにかく子供が中心になります。

家事をする時間どころか、

自分の食事やトイレすら自由にできない…

産後の体調もすぐには戻らず、

身体のあちらこちらが痛いし眠い…

子供はさっきまで元気だったのに、

突然熱を出したり具合が悪くなったり…

予定した通りにはできず、

いつもハプニングばかりの毎日に変わりました!

ハプニングが起こるたびに、

今は育休中だからなんとかなるけれど、

仕事が始まったらどうなるのだろう、

と考えるようになりました。

保育園に預けられないときは、

だれに頼ろう。

自分の仕事中、途中で

抜けることができるだろうか。

朝起きてから家を出るまで、

何を準備したらいいのか。

仕事が終わって家に帰ってから、

どう動いたらいいのか。

いろんなシミュレーションをして、

頭を悩ませて、不安は募るばかり。

どんなに考えても、自分で思う

パーフェクトなスケジュールは組めません。

今大事にしたいことを整理してみた

考えれば考えるほど不安になり、

内容もどんどん細かくなっていきました。

一人で想像し、苦しくなってイライラし、

家族にあたってしまうことも。

ふと

『私はどうしたいの?何がしたいの?』

ということを考えてみました。

それまで、

『仕事に戻らなければいけない。

元通りにしなければいけない。』

と思い込んでいました。

そのために

『しなければならないこと』

を考えていたのです。

だけど、何のために・誰のために

そうじゃないといけないのか考えると、

ただ自分で自分を追い込んでいただけだった、

と気づきました。

『今』私は、まだまだ小さい子供が

育っていくのを手伝い見守りたい

時間にも心にも余裕をもって、生活したい。

これを大事にするためには、

同じ仕事に同じ条件で復帰するのは

絶対に無理でした。

まとめ

私は自分の時間を確保するために、

パートの仕事への転職を選びました。

お給料は半分以下、ボーナスもなし、

有給休暇は1年間つかないなど

デメリットはたくさんあります。

それでも、

子供と一緒にいられる時間を確保できて、

適度に外の世界と接することができて、

少ないけれどお給料をもらえる。

急なお休みにも対応しやすく、

大体のハプニングには対応できます。

今もバリバリと働きたい、

たくさんお給料が欲しいという

気持ちはあります。

いつかまた正社員として、

前と同じように、もしかしたら

それ以上に働きたいと思っています。

ただそれは今じゃなくても良い、

ちょっと後回しにしてもいい、

という選択もあります。

自分が何を大切にしたいのか考えてみると、

転職の悩みを解決する糸口が見つかりますよ。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする