ベビーベッドと布団どっちがいいの?ベッドがオススメな我が家の体験理由

スポンサードリンク





赤ちゃんが生まれてすぐ使う寝床は、

生まれる前から準備することが多いですよね。

大人の寝床に合わせて、

同じものを準備するということが

多いかもしれません。

ですがベビーベッドと布団、

どちらを選ぶか迷うことがあります。

赤ちゃんが快適に過ごせれば、

どちらでもいいもの。

ですがペットや小さい子がいる場合は、

『赤ちゃんの安全のために』

ベビーベッドを選ぶのもオススメです!

ベビーベッドのメリット・デメリットを

紹介します。

ベビーベッドとは?大人のベッドとの違い

スポンサードリンク

ベビーベッドとは、

ずばり赤ちゃんのためのベッドです。

サイズは様々ありますが、

赤ちゃんが使うための小さいもので、

大人は使えません。当たり前ですけど。笑

折り畳みや持ち運びが可能なものや、

大人用のベッドと並べて使えるもの、

がっちりした頑丈なタイプなど、

種類は豊富です。

赤ちゃんは一日のほとんどを

眠って過ごすので、安全で快適に

眠れるものを選ぶことが大切です。

ベビーベッドのデメリット

ベビーベッドは、

布団のように上げ下ろしせず、

ずっと設置することが多いです。

そのため、

ある程度のスペースが必要なので、

部屋が狭くなり配置に困ることがあります。

買う場合、値段は様々ですが、

布団のみの用意よりコストが

かかることが多いです。

使用できる期間は

人によって違いますが、

1年前後もしくはもっと短いです。

使わなくなってからの

収納・処分に困ることもあります。

大人が布団で赤ちゃんがベッドの場合は、

寝床が別なので授乳やオムツ替えのたびに

移動する必要があります。

寝ている位置が高いので、

転落してケガをする危険があります。

ベビーベッドのメリット

デメリットから紹介しましたが、

もちろんメリットがたくさんあります!

ベビーベッドの多くは下に

収納がついているものがあり、

赤ちゃんのものを整理できます。

床から高いところに寝かせられるので、

床のほこりやゴミから離すことができます。

囲みがあるので、

踏まれてケガをする危険が低くなります。

ペットや小さい子がいる我が家がベビーベッドを選んだ理由

我が家は室内で猫を飼っています。

とてもおとなしい性格なので、

赤ちゃんを襲うことはないと思っていましたが、

生活が始まってみるまではわかりません。

暖を求めて赤ちゃんに乗ってしまい、

窒息するかもしれない。

うっかりジャンプして、赤ちゃんに

飛び乗ってしまうかもしれない。

そのような危険を予防するために、

ベビーベッドを準備しました。

ベビーベッドに

部屋のスペースがとられるので、

はっきり言って狭くて配置に悩みました。

実際に生活が始まると、

狭さに慣れてしまうのか、

気にならなくなりました。

コストと使用後の収納については、

レンタルを利用したので気になりませんでした。

お世話のたびに移動することも、

私は苦になりませんでした。

オムツ替えには高さがあるので、

腰痛軽減になりましたし、

抱き上げる時も床から上げるよりも楽でした。

そして、なにより囲みがあるので

赤ちゃんの安全を確保できることが安心でした。

猫ですが、

全く赤ちゃんを傷つけることはなく、

どこで寝ても大丈夫でした。

子どもが6ヶ月になったときに、

ベビーベッドは片付けて布団にしました。

二人目を出産した時も、

ベビーベッドにしました。

この時は、猫対策というよりは

上の子対策がメインです。

上の子は2歳で、自分の行動を

コントロールするのは難しい年頃です。

下の子をとてもかわいがってくれますが、

遊びの中で踏んだり、

乗ったりする危険がとても高いです。

四六時中ずっと側で見守るのは難しいので、

ベビーベッドは必需品でした。

トイレに行くとき、ちょっと家事をするとき、

宅配便を受け取るときなどは

ベビーベッドに寝かせて対応することができます。

まとめ

ベビーベッドは大きくて、

存在感があるため、

最初の準備に戸惑います。

ですが期間限定で使うものとして

割り切りました。

ペットや小さい子どもなど、突発的な行動を

コントロールできない家族がいるときは

特に、赤ちゃんの安全のため、

ベビーベッドは有効です。

もしもの時に後悔しないため、

色んな可能性を考えて、

赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする