赤ちゃんがどうしても寝ない時の対策法!我が家ではぐっすり寝てくれました

スポンサードリンク





赤ちゃんって、

「よく眠る」

そんなイメージありますよね。

ですが、赤ちゃんにも個性があります。

眠ることが大好きな子、

遊ぶことが大好きな子。

眠ることが好きな赤ちゃんだったら

寝かしつけなどには

たいして苦労しないかなと思います。

ですが遊ぶことが大好きで

「眠るのはイヤ!」という赤ちゃんは

毎日の寝かしつけがとても大変だと思います。

寝ることが好きな赤ちゃんでも、

眠れない日や眠りたくないは

ありますものね。

そんな赤ちゃんがなかなか寝ない時、

なにか対策などはあるのでしょうか?

赤ちゃんが寝てくれない…我が家の寝かしつけはこうでした

スポンサードリンク

実は私の息子も、赤ちゃんの時から

あまり眠らない子供でした。

お昼寝なんて、寝ている時間よりも

寝かしつけていた時間の方が長かった…

そんな事なんか、しょっちゅうありました。

そんな我が子が

ぐっすりと眠れた対策方法はこちらです!

抱っこでゆらゆら歩き回る

いつもやっていたのがこの方法です。

赤ちゃんの好きな体勢で抱っこしてあげて

ゆっくりめの速度で歩いてあげます。

お母さんの体と密着しているのが安心するのか

よく寝てくれる方法でした。

足をさすってあげる

赤ちゃんは、足が温かくないと寝られない、

と聞いたことがありました。

なので、添い寝をしながら

足をさすって温めてあげると

あくびをしだして眠気がくることがあり、

効果があるなと思います。

手を握る

うちの子の場合は

手を握っていないと寝られない子でした。

ですので添い寝をしているときは

もちろん手をにぎにぎして眠りますし、

抱っこで寝かしつけている時も

手を握って欲しいと求めてきます。

これは、うちの子の癖だと思いますので

その子なりの寝る時の癖をつけると

寝やすいのかなと思います。

少し風を送って涼しくしてあげる

先ほど、

赤ちゃんは足が温かくないと眠れない、

とお話しました。

ですが睡眠の入り方としては、

眠くなると体温が上昇してきて

その体温が下がってくるときに

眠りにつくようになっているそうです。

なので、足を温めてあげて、少し経ったら

扇風機や窓の近くにいってすこし風を当てて

涼しくすると眠ってくれやすくなりますよ。

外で抱っこしながら散歩していると、

そよ風が気持ちよくて、いつの間にか寝ている…

ということがよくありました。

ですので眠る時の風というのは

少しポイントになるかなと思います。

私の息子を寝かしつけるときに

よくやっていたのは、こんな感じでした。

ほかに、寝ない時の対策方法は

どんなものがあるのでしょうか?

寝てくれない赤ちゃん…みんなはどうやって寝かせているの?

おくるみに包む

5ヶ月くらいのまでの赤ちゃんには

効果が高い寝かしつけ方法ですね。

生まれてばかりの頃はモロー反射といって

音にびっくりして手がビクッとなってしまうことが

よくあります。

でもおくるみで手を固定されているので

ビクッとなることがないので

安定して眠ることができます。

また、おくるみで包まれていると

少し窮屈そうで可哀想にみえますが、笑

お母さんのお腹の中にいた時を思い出すそうで

あかちゃんには心地の良い状態で

眠ることができるようです。

眉毛や鼻をさわる

眉毛や鼻筋をすーっとさわってあげると

気持ちよくなって

眠くなることがあるようです。

特に眉毛や鼻というのは目の近くなので、

触ると自然と目を閉じてしまいます。

目を閉じると、

「眠いのかもしれない」という錯覚に陥って、

赤ちゃんが寝ていることかよくあります。

この方法は効果が高いので

あなたも一度やってみるといいですよ!

まとめ

毎日の育児で疲れていると

赤ちゃんが寝てくれないのって

結構ダメージ大きいんですよね。

「私も少し眠りたいのに、どうして寝てくれないの〜…」

という気持ちになって、ストレスが溜まります。

なので、赤ちゃんが眠れる対策を

いくつか知っておくことで

いろんなことを試すことができて

赤ちゃんが眠ってくれやすくなります。

いろんな方法を試して、その子にあったやり方で

ぐっすりと眠らせてあげることができたら

嬉しいですね!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする