新生児の哺乳瓶は消毒が必要?その理由と正しい消毒方法とは?

スポンサードリンク





新生児の哺乳瓶を消毒していると…

結構手間ではないでしょうか?

私は、完全母乳で育てていますが、

母乳が軌道に乗るまでは、

ミルクも併用していました。

しかし、この哺乳瓶の消毒が…

面倒くさい!!

また、いつまでやれば良いものかも

わかりませんでした。

そこで、今回は…

「新生児の哺乳瓶消毒が必要な理由とは?やらなきゃ大変!!」

「これで明日からストレスフリー♪新生児の哺乳瓶消毒の簡単な方法をご紹介!!」

などの内容をご紹介していきたいと思います。

私も、哺乳瓶の消毒を

面倒だと感じてはいましたが、その姿を見た母が、

良いものを手に入れてきてくれたんです!!

それも、記事の中でご紹介していきますね♪

それでは、さっそく見ていきましょう。

新生児の哺乳瓶消毒が必要な理由とは?やらなきゃ大変!!

スポンサードリンク

新生児の哺乳瓶を消毒していると、

大変過ぎて、ふと

「なんで消毒しなきゃいけないの?」

という疑問が湧いてきませんか?

私は3児の母ですが、

三回ともそう思いました!!

人間、ストレスが溜まると、

余計なことを考えてしまうんですね・・・^^;

まずは、消毒が必要な理由を

確認していきましょう。

☆新生児の哺乳瓶に消毒が必要な理由☆

生まれたばかりの赤ちゃんは、

免疫力や抵抗力が低いです。

おそらく、多くの方が

「生後6か月まではママからもらった免疫がある」

という話を聞いていますよね。

しかし現実には、

多くの雑菌やウイルス、病原菌などが存在します。

それをママからの免疫だけで

パーフェクトにクリアできるかというと、

そうはいきません。

そういった菌から

赤ちゃんを守るために行う対策の一つが、

哺乳瓶の消毒です。

新生児を様々な菌から守るためにも、

まずは日常的に使う頻度が多い

哺乳瓶をしっかり消毒しましょう♪

☆哺乳瓶の消毒はいつまでやれば良い?☆

これは、まちまちなのですが…

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月…と

人によって異なります。

哺乳瓶を使っている時期は、

毎回消毒をするというママも多いようです。

ただ、5~6ヶ月頃に始める離乳食づくりでも、

道具や食器は熱湯消毒するようにと

書いていたりもしますよね。

こればかりは、ご自身の判断で

というのが答えです。

これで明日からストレスフリー♪新生児の哺乳瓶消毒の簡単な方法をご紹介!!

新生児の哺乳瓶の消毒が必要な理由は

わかりましたね!

それでは、消毒をするには

どのような方法があるのでしょうか?

現在は、便利なアイテムも出ていますので、

ぜひ、参考にして下さいね!!

☆新生児の哺乳瓶消毒に役立つアイテムとは?☆

レンジでチン!!

これは、私の母が購入してきてくれたものです。

洗剤で洗った哺乳瓶を規定量の水と一緒に

専用のケースに入れて、レンジで温めます。

これだけで、

哺乳瓶の熱湯消毒が完了です♪

あとは、その哺乳瓶を乾かすだけですよ~!!

とても簡単ですよね☆

私はこれを、3人の子供が新生児の時に、

毎回引っ張り出して使っていましたよ。

昔ながらの浸け置きタイプ

昔からあるのが、

浸け置きタイプの消毒ですよね。

哺乳瓶を洗ってから、

浸け置きしておくだけなので、

簡単ですね♪

ただ、その後のすすぎが面倒だという方も…。

私は、気にしいなので、

消毒の成分が少しでも残っていたら…

と不安になり、

時間をかけてすすぎをしないと

気が済まなくなりそうなので、

レンジでチン!タイプを活用しました。

天日干し!?

晴れた日にしかできませんが、

日光の力も凄いんです!!

天日干しでも、

雑菌を排除してくれるんですよ~。

ただし、晴れた日のみというのがネックですね。

まとめ

いかがでしたか?

新生児の哺乳瓶消毒の必要性を

理解していただけましたでしょうか?

哺乳瓶の消毒は面倒ですが

大切な赤ちゃんを守るために必要な作業です。

少しの間、哺乳瓶を消毒をすることで、

赤ちゃんを守れるなら、やった方が良いですよね♪

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする