赤ちゃんの発熱にはアイスノンが効果的!?アイスノンが使える時期とは?

スポンサードリンク





赤ちゃんが熱を出した時、

アイスノンを使っていますか?

我が家には3人の子供がいますが、

アイスノンや冷えピタなどは大嫌いです。

どんなに熱が出ていても、

拒否されるんです!!

しかし、親としては

使った方が気持ちが良いし、

熱も下がりやすいのでは?

と思いますよね。

そこで、今回は…

「赤ちゃんの発熱にはアイスノンが効果的!?どのくらい熱を下げる効果があるの?」

「アイスノンは月齢問わず赤ちゃんに使えるの?使える時期はいつから?」

などの内容を

ご紹介していきたいと思います。

赤ちゃんが熱を出すと、

結構な一大事ですよね~。

我が家の長男は3歳ですが、

熱を出すと決まって「虫がいる!!」と騒ぎます。

おそらく、熱のせいで

幻覚のようなものが見えるんでしょうね。

2歳の次男は熱性痙攣を起こしたことがあり、

高熱が出るといつもヒヤヒヤします。

生後6か月の長女は

まだ熱が出たことはありませんが、

この先、突発性発疹などがないかと心配です。

そんな時、

少しでも熱を下げてあげられる、

または楽にしてあげられるように・・・

アイスノンの力がどの程度なのかを

見ていきたいと思います!!

赤ちゃんの発熱にはアイスノンが効果的!?アイスノンにはどのくらい熱を下げる効果があるの?

スポンサードリンク

赤ちゃんに熱があって病院に行くと、

「座薬」を処方されませんか?

そう考えると、

アイスノンや冷えピタよりも、座薬の方が効くのでは?

と思うのは私だけでしょうか?

実際、アイスノンには

どれだけの効果が期待できるのでしょうか?

☆赤ちゃんの発熱にはアイスノンが効果的?☆

アイスノンの効果は、

実は熱を下げるためのものではないんです。

確かにアイスノンを使って

頭を冷やすと気持ちが良いですよね?

しかし、これは熱を下げているのではなく、

血液が冷やされることで気持ちが良いと感じるんです。

アイスノンは熱を下げるためのものではなく、

熱があるというキツイ状態を少しでも和らげるための

対処法だということですね。

☆アイスノンでどこを冷やす?☆

アイスノンと聞くと、

まずは枕タイプが思いつきませんか?

頭に敷いて使うと気持ちが良いですよね!

しかし、アイスノンをもっと効果的に使うには、

「太い血管が通っている場所」

を冷やすのがオススメです。

脇の下や太ももの付け根などですね!

☆座薬で熱を下げる?☆

これは私が直接、薬剤師さんから聞いた話です。

「あまりにも熱が高い時は、

座薬を使っても、熱が1℃下がるかどうかなんです」

言われてみれば確かに、

赤ちゃんの熱が急激に下がってくれる、

というわけではないんですよね。

ですので発熱時に急いで座薬を使っても、

すぐに熱が下がるわけではないということも、

頭に入れておきましょう。

☆赤ちゃんがアイスノンを嫌がる!?☆

赤ちゃんがアイスノンを嫌がる場合は、

無理に使わないで下さい

ただでさえ辛い状態になっているので、

さらに嫌がることをするのは

あまりオススメできません。

アイスノンは月齢問わず赤ちゃんに使えるの?使える時期はいつから?

先ほどから、赤ちゃん赤ちゃんと言っていますが、

アイスノンが使える月齢はいつからなのでしょうか?

☆アイスノンを使える時期はいつから?☆

アイスノンもたくさん種類がありますが、

ジェル枕タイプは0歳から使えるものがあります。

脇の下や太ももの付け根を冷やすものは、

生後6か月からや、1歳からというものが多いです。

☆アイスノンを使う際の注意点☆

赤ちゃんは月齢が低ければ低いほど、

体温調節機能が未熟です。

服の脱ぎ着でも、だいぶ体温が変わってきます。

ですのでアイスノンで冷やし過ぎると、

体温が低下しすぎてしまう恐れもあるのです。

月齢が低い赤ちゃんに使う場合は、

しっかりと様子を見ながら使って下さいね!!

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんの発熱時にアイスノンは効果があるのか?

と疑問に思っていた方は解決しましたでしょうか?

我が家の子供たちは

アイスノンを使おうとしないので、

寝ている間にこっそりと頭の下に忍ばせていたのですが、

無理に使う必要もないんですね。

我が家で最近重宝しているのは、

冷えピタ「脇」バージョンです。

赤ちゃん用の冷えピタを選んでいたら、

おでこに貼るタイプと、脇や太ももに貼るタイプの

混合バージョンが売っていたので、それを買っています。

結構優秀なので、オススメですよ♪

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする