蒙古斑って一生消えないの?赤ちゃんのおしりが心配なママに贈る「大丈夫」

スポンサードリンク





よく、赤ちゃんのおしりに

青いアザのようなものがあるのを見ますよね!

温泉などに行って、他の赤ちゃんを見ても、

ほとんどの赤ちゃんのおしりには

青アザのようなものがあります。

このおしりにある

青いアザのようなものを

蒙古斑(もうこはん)と言います。

この蒙古斑はアジア人に多くみられ、

日本人なら95%以上もの人に現れるものです。

赤ちゃんの頃はみんなあるものですが、

大人にはあまり見られませんよね。

ということは大きくなるにつれて

消えていくものなのでしょうか?

それは、いつごろから消えていくのか?

など、蒙古斑にの疑問について

みていきましょう!

蒙古斑が出来る原因ってなに?

スポンサードリンク

まず、蒙古斑ができる原因としては、

メラノサイトという私たちの黒色色素で、

その量の多さ。

肌の色や瞳の色を決める色素組織が

蒙古斑をつくる原因だといわれています。

このメラノサイトが

赤ちゃんがお腹の中にいるときに、

皮膚の奥の方から表面に出てきます。

そして皮膚の奥に一部のメラノサイトが

長くとどまっていた結果、青いアザのように

皮膚の表面に浮き出てしまうのです。

このメラノサイトは

腰のあたりで活発に動くので

腰からおしりにかけて

蒙古斑が現れやすいようですね。

ですが、まれに背中や顔、

手足に現れる蒙古斑もあります。

おしり以外にできる蒙古斑を

「異所性蒙古斑」と呼びます。

この異所性蒙古斑は、色が濃いものだと

大きくなっても消えないこともあるようです。

消えない蒙古斑とは?

異所性蒙古斑は

顔や手足などにでる蒙古斑です。

顔や手足などに出た場合は、

おしりなどに比べて色が消えにくい、

という特性があります。

この異所性蒙古斑も、

成人するまでには消えると言われています。

ですが濃いものだと、薄くはなるのですが

一生消えないこともあります。

一生残ってしまう蒙古斑は

持続性蒙古斑と呼ばれています。

また、一生残ってしまう蒙古斑の中には

実は蒙古斑ではないという場合もあるのです。

蒙古斑にとても良く似ているので

勘違いされやすいもの。

ですが太田母斑や青色母斑という

青アザである可能性もあるので

注意が必要です。

消えないのがどうしても気になる場合は

1度医師の診察を受けてみるのをオススメします。

除去したいときには

レーザー治療ができますので、

病院で相談してみるのが良いですね!

ところで蒙古斑って消えるの?

ここで本題の、

「蒙古斑って消えるものなのか?」

という疑問についてですが、

結論から言いますと消えます!!

ほとんどの子が5歳から10歳までに

おしりにある蒙古斑は消えていきます。

蒙古斑は自然に消えていくものなので、

治療などはしなくても大丈夫です。

蒙古斑も、人によってそれぞれ違います。

大きさもホクロのような

小さいものもあれば、

大きい蒙古斑の子もいます。

生まれつき持っている子もいれば、

生後1ヶ月ほどたってから出てくる子もいます。

本当に人それぞれ。

なので、蒙古斑について気になることがあっても

さほど心配する必要はありませんので

安心してください。

まとめ

いかがでしたか?

蒙古斑は普通のものならば、

5歳から10歳の間に

自然に消えていくものです。

その中でも一部の蒙古斑には、

消えにくいものや、

一生のこってしまうものもあります。

10歳ごろには薄くなっていくものが多いです。

ですが20歳までに消えなくて

除去したいと考えている場合は

1度医師の診察を受けてみてください。

ただ、蒙古斑があることによって

特別な病気になったり、

という事はありませんので心配はいりませんよ。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする