魔の2歳児って男の子の方が酷いってほんと?実はそんな事はありません。

スポンサードリンク





魔の2歳児って、

あなたは耳にしたことありますか?

2歳っていうのは、

ちょうどイヤイヤ期の時期ですよね。

このイヤイヤ期で大変な2歳の時期を

魔の2歳児と最近では言うようになりました。

イヤイヤ期に入った子どもというのは、

本当に小悪魔のように

感じることもありますよね。(笑)

なにもするにもイヤ!

なんでも自分でしたがるようになり、

でも上手に出来なくて泣き叫ぶ。

自分の思っていた通りにいかないと

ぐずり出す。

本当に大変です。

特に男の子の場合だと

2歳では走ったりジャンプしたりと

身体能力も備わってくるので

わんぱくっぷりが更に発揮してくる頃です。

元気の良さとイヤイヤ期が相まって

お母さんはヘトヘトになることもあるでしょう。

今回は魔の2歳児の特徴と

男の子ならではの大変さについて

みんなで共有していこうと思います。

魔の2歳児の特徴とは?

スポンサードリンク

2歳というのは

自我が芽生えてくる時期ですので、

自分の気持ちを表現してきます。

ですのでやりたくないことは

素直にイヤ!と言ってきますし、

気に入らないと激しく

ぐずり出すこともあります。

たとえば、気に入らないお洋服だと

「お着替えしない!」

とお着替えを拒否したり。

好きなごはんじゃなかったら

「食べたくない!」

と食べてくれないこともあります。

ここで子どもは「イヤだ!」と言い出すと

頑なに自分の意見を貫き通します。

「イヤ!」と1度言い出すと

もう言うことは聞いてくれなくなるので、

お母さんは大変さなんですよね。

我が家も、実際に息子が

魔の2歳児のときは大変でした。

お風呂から上がっても洋服を着るのを嫌がり

ハダカで家の中を走り回って逃げるのです。

冬で寒い時期だったのでこっちは、

「はやく洋服を着させなきゃ!」

と焦って追いかけ回すのですが、

本人は私から全力で逃げます。

やっとこさ掴まえても

体をくねくねしながら拒否して、

洋服を着させるのでもひと苦労でした。

このように、普通だったら

なんともない日常生活の行動なのに・・・

魔の2歳児になると

ひとつひとつの行動がとても時間がかかり

大変な作業になるのです。

これが魔の2歳児の

特徴といえるでしょう。

女の子より男の子の方が魔の2歳児は大変なの?

女の子と比べたら男の子は

元気があり活発ですよね!

遊ぶのが好きで、

常に動き回っている子が

多いように思います。

性別によって魔の2歳児の

大変さが変わるとは思いません。

ですが元気いっぱいの男の子は

走り回ったり、ジャンプしたりと

とても活発!

なのでお母さんが追いかけるのが

体力的に大変かなと思います。

また、好奇心がとても旺盛なので

時に危ないこともしがちです。

高いところに登ろうとしたり、

いろんなものを触ろうとしたりします。

そういう行為を止めるのも

また大変なところですね。

ですが、この時期の子どもは

男の子女の子関係なく

その子なりの個性がありますから

一概には言えません。

男の子でも穏やかな子もいますし、

女の子でもおてんばで活発な子もいますよね。

一人一人、性格はちがいますので

大変さも一人一人違うのかなと思います。

まとめ

いかがでしたか?

言う事を聞いてくれなくて時には

イライラしたり、強く怒ってしまったり

することもあるかと思います。

魔の2歳児はお母さん達を悩ませる

大変な時期ですが、子どもにとったら

とても重要な期間なんですよね。

この大変な時期を親子で乗り越えて

お母さんお父さんとお子さんの絆が

深まるんじゃないかなと思います。

育児でいきずまった時は

自分の時間をつくったりして

息抜きをしてみてくださいね。

お母さんに余裕がなくなると

イライラしがちになるので

リフレッシュして余裕をつくってみましょう。

「また、これから育児を頑張ろう!」

という気持ちになれると思いますよ!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする