新生児が授乳時間になっても起きない時は起こす?起こさない場合の判断基準

スポンサードリンク





新生児が

授乳時間になっても起きない

と心配になっていませんか?

1日の授乳量、栄養が

しっかり足りているのか?

脱水症状にならないのか?

などなど、不安は尽きないでしょう。

私も3人の子供がいますが、

2番目と3番目の子は新生児期に

よく寝るタイプでした。

なので入院中も看護師さんに

「4時間以上寝そうだったら1回起こそうね」

と言われたくらいです。

確かに同室だった新生児よりも

起きる回数が少なく、

少々心配になったこともありました。

そこで、今回は…

「新生児が授乳時間になっても起きない時はどうしたら良い?」

「新生児の授乳間隔ってどのくらい空くの?」

などの内容を

ご紹介していきたいと思います。

新生児が授乳時間になっても起きないと、

寝不足のママ達は、

しっかりと体を休めることができるので、

実は助かるんですよね~。

もし、起こさなくて良いのであれば、

少しでも休みたくありませんか?

でも心配だから

やっぱり休めないのが

母親というものですよね~。

しかし体は休められるときに

しっかりと休めていただきたいです。

なので新生児が授乳時間になっても起きない時は

起こした方が良いのか、

起こさなくても良いのか、

ここではっきりさせちゃいましょう♪

新生児が授乳時間になっても起きない時はどうしたら良い?

スポンサードリンク

新生児が授乳時間になっても起きないと、

あなたは起こすべきか、起こさずにおくべきか、

悩みますよね?

先ほどご紹介したように、

私も入院中に、看護師さんから起こすように

指示を受けたことがあります。

では、どういった基準で

新生児を起こして授乳するように言われるのか?

みていきましょう。

☆新生児は授乳時間にきっちり起こすべき?☆

答えは「NOです」。

ただし、いくつかの判断基準を

満たしているかどうかを

確認する必要があります。

体重が増えているか?

新生児の体重は

生まれてから数日間で減ります。

これは

「生理的体重減少」

というものです。

一度減った体重は

1~2週間程度で出生体重に戻ります。

そしてその後は

1日20~30gペースで増えていきます。

体重が順調に増えていれば、

授乳時間に起きなくても

無理に起こす必要はありません。

もし体重があまり増えていないという場合は、

授乳時間に起こす必要があるかもしれません。

おしっことうんちの回数は?

おしっこやうんちが

1日にしっかり出ているかどうかも、

起こすかどうかの判断基準になります。

おしっこやうんちが

しっかり出ているということは、

授乳量が足りている証拠です。

私が入院中に指摘されたことは

まさにこれです!!

赤ちゃんのおしっこや

うんちの回数が少ない時は、看護師さんに

「授乳時間がきても寝ていたら起こしてあげて」

と言われていました。

この2つが、授乳時間に寝ている新生児を

起こして授乳するかどうかの判断基準に

なるかと思います。

もし自己判断で決めるのが心配という方は、

産院や小児科、地域の保健師さんに

相談してみても良いですね♪

新生児の授乳間隔ってどのくらい空くの?

そもそも新生児の授乳時間は

どのくらい空くのかご存知でしょうか?

これは、母乳とミルクの場合では

違いが出てきます。

では、さっそく見ていきましょう。

☆母乳の場合の授乳間隔☆

母乳はミルクに比べて消化が早いです。

また、新生児はおっぱいを吸うために

結構な体力を消耗します。

そのため、十分に飲まないうちに

寝てしまう赤ちゃんもいます。

母乳の授乳間隔は

1~2時間程度が平均とされています。

もちろんそれ以上の間隔が空く子もいます。

☆ミルクの場合の授乳間隔☆

ミルクの授乳間隔は

23時間程度が平均とされています。

我が家の子どもたちは、

新生児期にミルクをあげると

だいたい3時間くらいは寝ていました。

ただし、こちらもあくまで参考ですので、

それ以下の子もそれ以上空く子もいます。

新生児にもそれぞれ個人差がありますので、

授乳間隔は参考程度に覚えておいて下さいね♪

まとめ

いかがでしたか?

新生児期はしっかりと

体重を増やしてあげなければと

考えるママも多いでしょう。

そのため、授乳時間に

きっちり赤ちゃんを起こして授乳しなければ…

という思いに駆られるママも多いはず。

でも、赤ちゃんの体重がしっかり増えている、

おしっこやうんちの回数が適切であれば

あまり心配する必要はありませんよ♪

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする