産後の外出は慌てないで!でも2人目の時は実はみんな活動的な理由

スポンサードリンク





まだまだ体力も完全に戻っていない産後。

ですが2人目の出産となると

赤ちゃんと一緒にゆっくり寝ている、

ということも、なかなかできないですよね。

上の子がまだ小さいと尚更です。

一般的には出産後1ヶ月は外出等は控えて

家の中でゆっくり過ごしましょう、

と言われます。

まだ里帰り出産をしている方も多く

産後1ヶ月は家事も母に任せて布団を敷いて、

寝られる時は寝ている生活をするのが理想です。

この産後に無理をしてしまうと、

骨盤がずれてしまったり

更年期がひどくなります。

なので、この時期はなるべく

ゆっくりしていたいものです。

しかし、上の子がいると

そうもいきません。

上の子を遊びに連れて行ったり、

幼稚園の送り迎え、毎日の食事の買い出しなど

外出しなければならないことも多いですよね。

そこで2人目の出産後いつくらいから外出できるのか?

みんなはどのくらいで外出したのか?

経験談も交えてお話していこうと思います。

2人目出産後、どのくらいで外出できる?

スポンサードリンク

やっぱり2人目の出産だからといって

産後すぐから外出するのはあまり良くないですね。

家事も産後4週まではしない方がいいです。

産後5週にもなるとほぼ体力も

回復してくるので徐々に家事や外出も

できるようになります。

なぜ産後の1ヶ月に

無理をしてはいけないのかというと。

妊娠・出産によりお母さんの骨盤は

ありえないほどに大きく広がっています。

出産したあとも骨盤はすぐには

戻らないのでぐらぐらしている状態です。

その状態で動きすぎると

骨盤に相当な負担がかかります。

そして、骨盤がゆがんで、

妊娠前より下半身が大きくなって

しまったりするのです。

また、妊娠中赤ちゃんを守っていた分泌物が

産後に出てきます。

これを悪露というのですが、

悪露は通常7日目くらいから徐々に減ってきます。

そして1ヶ月も経つと自然となくなるのですが・・・

産後すぐに動きすぎると

この悪露が1ヶ月経っても中々減らない、

ということが起きてしまうのです。

悪露減らないということは、

子宮内が回復できていないということですので

少し用心しなければならないですね。

あまりにも続く場合には

産婦人科に受診しなければ

ならないといけません。

そうならないためにも

産後は充分休む必要があるのです。

実際、2人目出産後どのくらいで外出しているの?

産後1ヶ月は休まないといけないこと、

頭ではわかっているんです。

私だって本当はゆっくりしていたい。

でもできないのが現実という方、

多いんではないでしょうか。

私も2人子供がいます。

年子で上の子が1歳8ヶ月のときに

2人目がうまれました。

上の子が保育園に入っていれば、

送り迎えは母に頼んでという形にして

家の中でゆっくりできたのですが・・・

残念ながら息子は待機児童になってしまい

保育園に入ることができませんでした。

なので、産後も私が上の子と

赤ちゃんの面倒をみていました。

1歳の男の子というと

とても元気でお外で遊ぶのが大好きです。

そのため私も

退院してから10日もしたら、30分程度ですが、

外に息子と生まれたばかりの娘をつれて

お散歩をしていました。

生まれたばかりの赤ちゃんも大切だけど、

上の子も大事。

どちらにもなるべく

ストレスのないように生活していきたい。

という思いがあったので、

私は2日に1回くらいのペースで

短時間外出していました。

少しの時間だけでも、

赤ちゃんを家の中に置いておくことはできませんので

人混みを避けた場所に息子を連れて

遊んだりしていましたよ。

私の周りでも、2人目3人目を産んだ後は

上の子の用事で外へ出なければならず

比較的早い時期に外出している人が多かったです。

やっぱり2人目以降は

外出時期が早くなるケースが多いと思います。

まとめ

2人目以降は産後1ヶ月間、

ゆっくり家の中で過ごすというのは

どうしても難しい場合が多いですよね。

どうしても外へ出かけなければならないという時は、

赤ちゃんの負担にならない程度に

お母さんが無理しない程度になら

大丈夫だと思います。

しかし、やっぱり一番いいのは

1ヶ月は家でゆっくりという過ごし方です。

自分の体のためにも、

少しでも時間が取れるときには、

ソファーに横になるだけでもいいので

体を休めるようにしてください。

自分たちの今までの生活リズムに寄り添いつつ、

赤ちゃんとお母さんの時間もしっかりと確保できるように

工夫できるといいですね!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする