授乳が始まってから肩こりと頭痛がヒドイ!!私が実践した解消法をご紹介!

産後

授乳が始まると共に、肩こりと頭痛

悩まされているママはいませんか?

 

 

実は、私もその一人なんです!!

 

普通に授乳する以外にも、

添い乳で寝ながら授乳をしたり、

何かをしながら授乳をするため、

すぐに肩がこってしまいます。

 

肩こりだけでも辛いのですが、

ひどくなると頭痛もついてくるんですよね~。

 

 

授乳中はあまり薬を飲みたくないな、

と思ってはいるのですが・・・

 

やはり頭痛には勝てず、

授乳中でも飲める薬を処方してもらっています。

 

 

そこで、今回は…

 

「授乳をしていると肩こりに加えて頭痛まで!?肩こりと頭痛の関係性」

「授乳による肩こりと頭痛の解消法とは?」

 

などの内容を

ご紹介していきたいと思います。

 

 

私は最近、授乳で肩こりがひどくなり、

ピリッと痛むようになってきました。

 

もともと頭痛が起きやすい体質だったので、

頭痛に関しては

なんとも思っていなかったのですが。。。

 

よく考えてみたら

肩こりがひどくなってきてから

頻繁に頭痛が起こるように

なってきた気がするんです!

 

 

同じように、授乳で肩こり&頭痛に

悩まされているあなた!!

 

その辛い状態を放っておくのは、

とってもキツイと思います。

 

今回紹介する記事の中で、

私が実践している肩こり解消法も

あわせてお伝えしていきますので、

ぜひ参考にしてみて下さいね♪

 

 

授乳をしていると肩こりに加えて頭痛まで!?肩こりと頭痛の関係性

 

[quads id=1]

 

「授乳」と一口に言っても、

いつも正しい姿勢で

できるわけではないと思います。

 

普通の姿勢でも負担はかかりますし、

添い乳などをしていれば尚更です。

 

ですが、それをやめるわけにも

いかないんですよね。

 

 

では、まずは肩こりがひどくなると

なぜ頭痛が起きるのか、

その関係性を見ていきましょう。

 

 

☆肩こりと頭痛の関係性☆

 

肩こりが生じているときは、

肩の周辺の血流も悪くなっています。

 

その結果、血液が酸素不足になったり、

老廃物が溜まってしまいます。

 

肩から通じる脳に送られる血流も

悪くなっているため、

頭痛が起きてしまうのです。

 

 

肩こりからくる頭痛は

「緊張型頭痛」とも呼ばれます。

 

長時間同じ姿勢で作業をしていることが原因で

起こる可能性が高いです。

 

 

授乳もちょっとやそっとの時間では終わりませんし、

添い乳をしていれば、そのままの姿勢で

寝てしまうこともありますよね。

 

 

こちらでは、

肩こりと頭痛のみを紹介していますが、

ひどくなれば吐き気を伴う場合もあるようです。

 

そうならないためにも、

早めに肩こりを解消する必要があるでしょう。

 

 

授乳による肩こりと頭痛の解消法とは?

 

 

肩こりと頭痛を解消するためには…

 

まずは肩こりを治すことが先決です!

 

 

というのも、前項で紹介した通り、

頭痛は肩こりからくるものです。

 

つまり肩こりを解消すれば

頭痛も起こらなくなるということですね♪

 

 

☆肩こり解消法~その1:湿布や薬☆

 

 

湿布

 

肩こりの解消方法として思い浮かぶのが

「湿布」ではないでしょうか?

 

私もそう思って、

湿布に頼ろうと思ったのですが…

 

 

授乳中に使える湿布は限られていました!!

 

私が足を運んだ薬局では、

「第三類医薬品」

と記されている湿布であれば使っても問題ない、

とのことでした。

 

ただ、「授乳中に使えない」、

又は「医師に相談の元」などと書かれていない事を、

しっかりと確認してくださいね。

 

 

他にも

「第一類医薬品」

「第二類医薬品」

などがあります。

 

「授乳中の場合は医師に相談の元」

などの注意書きがある場合が多いようです。

 

こういった場合は

医師に相談しましょう。

 

 

葛根湯

 

乳腺が詰まった時に、

「葛根湯」が飲めるという話を

聞いたことはありませんか?

 

葛根湯は、授乳中でも飲める薬なんです!!

 

葛根湯は、

発汗作用や鎮痛作用もあることから、

授乳中の肩こりにも使うことができます。

 

 

☆肩こり解消法~その2☆

 

肩こりを解消するには、

ストレッチも効果的です。

 

 

ストレッチ~その1

 

1.肩に指先をのせます。

 

2.そのまま肘で円を描くように前に回します。

(10回程度)

 

3.次は後ろに回します。

(10回程度)

 

4.これを3~5回繰り返します。

 

 

ストレッチ~その2

 

1.手のひらを顔の方に向け、

そのまま両手両肘をくっつける。

 

2.1の状態から手のひらを外側に向けながら

腕を外側に開いていく。

 

3.肩甲骨を寄せた状態で、肘を下に下げる。

 

4.肘を上にあげて、腕も伸ばす。

 

5.4の状態から、左右に腕を広げる。

 

6.最後に腕が体の横を通るようにしながら下ろしていく。

 

 

赤ちゃんがお昼寝中の時などに

試してみて下さいね♪

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

授乳中の肩こりは放っておくと

ドンドンひどくなってしまいますよね。

 

特に授乳中は迂闊に薬に頼れないので、

今回ご紹介した内容を参考に

対処してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました