産後すぐになりやすい便秘!裂ける恐怖で不安だった私がスッと出来た改善策

スポンサードリンク





10ヵ月間の長い長い妊娠のすえ、

やっとの思いで出産。

出産ではこんなにも痛いものはない、

というほどの痛い思いをします。

ですが、出産が終わっても

まだまだ痛みは続きます。

会陰切開の痛み、後陣痛、

授乳中の痛みや乳首の傷の痛みなど・・・

あげたらキリがないほど

出産後もたくさんのつらい痛みが続きます。

その中でも地味に辛いのが便秘です。

出産後はおしっこですら、

なかなか出ずにびっくりしますが、

便はもっともっと出にくくなります。

地味に辛い便秘になる原因や

スッキリ出せるようになる改善策を

ご紹介します。

産後に便秘になる原因ってなんなの?

スポンサードリンク

私も1人目を産んだ後に便秘になりました。

元々妊娠後期になってからひどい便秘に悩まされ、

産婦人科から便秘薬をもらっていました。

出産直前になると

薬を飲まなくても不思議と便秘が解消されたのですが、

産んだ直後から、またまた便秘になってしまいました。

私が産後に便秘になった原因は

自分でも分かっていました。

便意はちゃんとくるのですが、

中々出すことができないのです。

それはなぜかというと、会陰切開の傷が痛くて

気張ったら縫ったところが裂けそうで、

とても怖かったからです!

これは会陰切開をした方なら

あるあるですよね。

場所が場所だけに、力をいれたら

絶対にまた避けてしまうと思ってしまうのです。

冷静になって考えれば分かりそうなことですが、

あの座ることもできないあの痛みを経験すると

本気でそう思ってしまうのです。

入院中の毎日の朝の検診で

「便はでましたか?」

と聞かれるのですが・・・

3日くらい出すことができずに、

辛くなって看護師に思いきって相談してみました。

「傷が裂けそうで怖くてできません。」

すると看護師さんは

「みんなそう言うのよね。

でもね、傷口が裂けることは絶対にないから大丈夫

便秘薬を一応出しとくから

それを飲んでがんばってみて!」

その言葉を聞いても、

まだ半信半疑だった私。(笑)

でも、次の日の朝便秘薬を飲んで

気張ってみるとなんとか便秘が解消されました。

看護師さんの言葉通り傷口が

避けることなくできました(笑)

産後すくに便秘にならない改善策とは?

一人目のときに産後すぐに会陰切開の痛みで

便秘になってしまったので・・・

2人目を産む時には

「会陰切開をしない!」

と心に誓っていました。

実際二人目は会陰切開をせずに産むことができたので、

出産の翌日にはするっと便をだすこどが出来て

ストレスフリーでした!

会陰切開がないと、便をする怖さがないので

私には一番の改善策になりました。

他にも、水分をたくさんとること。

産後は赤ちゃんに母乳をあげなければならず

水分がいつも以上に必要です。

水分補給を怠るとすぐに便がカチカチになって

より出にくくなってしまうので、注意が必要です。

何日も出ない時は、

きちんと先生や看護師さんに伝えることも大事です!

そうすると便秘薬や

必要に応じて浣腸をしてもらえるので

何日も出ずに苦しい時は恥ずかしがらずに

相談してみましょうね。

まとめ

産後は赤ちゃんのお世話で精一杯になり、

中々自分の体のことに

目を向けてあげられないことも多いですよね。

でも、お母さんの体が本調子じゃないと

育児も楽しくできません。

赤ちゃんの面倒をしっかりと

見るためには自分の体も大切にしてくださいね。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする