赤ちゃんに抱っこ紐は危険なことも!?新生児から使う場合のポイントや注意点

スポンサードリンク





あなたは赤ちゃんが生まれてから

里帰りはしましたか?

私は1人目と2人目の時は里帰りをしました。

ただ3人目の時は

一番上の子が保育園に入っていたこともあり、

里帰りはしませんでした。

里帰りをすれば、

母に身の回りのことをやってもらえたので、

赤ちゃんのお世話に専念できましたが…

出産後すぐに自宅に帰った時は、

もう大変!!

産後は安静に…なんてできませんよね!?

身の回りのこと、赤ちゃんのお世話、

買い物などなど…

とにかく自分で動かなければいけません。

同じように大変な思いをしているママも

たくさんいますよね~。

特に、外出する際は赤ちゃんを抱っこして

歩かなければいけません。

首が座っていないし、両手は塞がるで

買い物どころではありませんね!

そこで、使いたいのが抱っこ紐♪

しかし…使用できるのが

「首が座ってから」

と表記されているものが多いんです。

そこで、今回は…

「首の座らない新生児に抱っこ紐は問題ない?」

「抱っこ紐は赤ちゃんに良い影響を与えることも」

などの内容を含めて

ご紹介したいと思います。

私の場合、

新生児一人、2歳になる息子、3歳の息子、

の計3人を連れて歩くので、

これはもう一人では無理でした!

なので、お義母さんに付いてきてもらうか、

主人が休みの日に出かけるかしかありません。

しかし、抱っこ紐は

必ず持って出かけます。

「エルゴ」のインサート

(新生児期に使えるようにするもの)

をつけて使っています。

おそらく、他のメーカーからも

新生児期に使える抱っこ紐が

売り出されるようになってきているでしょう。

抱っこ紐の種類なども交えながら、

紹介していきますね☆

首の座らない新生児に抱っこ紐は問題ない?

スポンサードリンク

首が座っていない赤ちゃんは、

ご存知の通り首や頭がぐらぐらしています。

なので、普通に抱っこする際も、

縦抱きでも横抱きでも

首を支えてあげなければいけません。

抱っこ紐を使用する際も同じです!

首が座らない新生児でも使えるように

作られている抱っこ紐を選ばなければ

いけませんよ~!!

先ほど話した「エルゴ」という

メーカーの抱っこ紐は…

  • 縦抱っこ
  • インサート(別売り)有り

という特徴があります。

肩こりが少ない、腰に負担がかからない、

という特徴があります。

他にも新生児から使える抱っこ紐があるので、

少しご紹介します!

ベビービョルン ベビーキャリア オリジナル

こちらの抱っこ紐は、

他に「ONE」というシリーズがあるのですが、

新生児期に使うのに向いているのは

「オリジナル」のシリーズです。

メリット

新生児に対応している抱っこ紐は、

多くの場合「インサート」という支えが

必要になってきます。

しかし、こちらの抱っこ紐は

インサートなしで使えます!

インサートを使うと、結構違和感があるというか

ベストポジションになるまで時間がかかるんですよ。

(私の場合かもですが…)

また、インサートに入れて、抱っこ紐を付けて、

という2ステップを踏まなければいけないのも

結構面倒です。

デメリット

赤ちゃんが大きくなるにつれて

ママの肩に負担がかかるということです。

他の抱っこ紐と違って腰ベルトがないので

赤ちゃんの体重を支えるのは

「肩」になってしまうんですね。

BABY&Me ONE ベビーアンドミー ヒップシートキャリアONE

こちらの抱っこ紐には驚きました!!

メリット

子の抱っこ紐の特徴は、

赤ちゃんがお尻を乗せる部分があるので、

椅子に座るような感じで抱っこできるんです。

なので、赤ちゃん自身も楽ですし、

抱っこ紐を使うママ側も

肩や腰にかかる負担が減ります。

こちらは別売りの「新生児パット」を使えば

新生児からも使えますよ♪

デメリット

赤ちゃんの体型にもよりますが、

買い足すパーツが多い気がしました。

赤ちゃんそれぞれに合わせて使うので、

買わなくて済む場合もありますが、

もしこれらのパーツが全て必要となると

結構お値段が張りますね。

アップリカ コランハグ リュクス

こちらは横抱き縦抱き、

どちらもできる抱っこ紐です。

メリット

新生児期に縦抱きは心配というママも

多いと思います。

こちらは首が座るまでは

横抱きができる抱っこ紐です。

横抱きをするためのシートは

元々付いているので、

別に買う必要がありません!

横抱っこでも赤ちゃんの体を

しっかりと支えてくれるので安心ですよ♪

デメリット

横抱っこ用のシートに乗せると、

赤ちゃんの足が少しはみ出てしまうので、

気を付けて使わないといけません。

いかがでしたか?

抱っこ紐はそれぞれに特徴があるので、

ママや赤ちゃんに合ったタイプのものを

見つけて使うのが良いかもしれませんね!

色々と調べましたが、

新生児から使えるようになっている

抱っこ紐は結構ありました!

抱っこ紐は赤ちゃんに良い影響を与えることも

「抱っこをすると抱き癖が付く」

という言葉を聞いた、

または言われたことはありませんか?

しかし、現代では

「泣いたら抱っこした方が良い」

と言われることが多くなりました。

実は抱っこというのは

赤ちゃんに良い影響を与えることも多いんです!

オキシトシン

オキシトシンという

ホルモンの存在はご存知でしょうか?

「幸せホルモン」

とも呼ばれることがあるのですが、

このホルモンはストレスなどを

軽減する働きなどを持っています。

オキシトシンによってストレスが緩和されたり、

心の状態を安定させることができるんです。

このオキシトシンというホルモンは、

赤ちゃんが抱っこされている時にも

分泌されるものです。

赤ちゃんが

ママに抱っこされることによって、

オキシトシンが分泌されます。

するとストレスが軽減され、

心理状態も安定してくるんですね。

そう考えると、普通に抱っこすることも、

抱っこ紐で抱っこすることも、

赤ちゃんにとって、

決して悪いことではありませんよね♪

また赤ちゃんを抱っこすると、

抱っこする側のママにも

オキシトシンが分泌されるんです。

だからママもストレスが減り、

心も元気になるんですよ☆

確かに私も、

上の2人の息子達を怒っていても、

一番下の新生児を抱っこすると

なんだかとっても癒されますね~。

このような効果があるのであれば、

どんどん赤ちゃんを抱っこしてあげましょう!!

まとめ

いかがでしたか?

抱っこ紐を使うことに対しての

不安はなくなりましたか?

現在は本当にたくさんの

種類の抱っこ紐があります。

それぞれにメリットやデメリットがあるので

どれが一番良いとは言い難いところです。

なので、あなたと赤ちゃんに合った

抱っこ紐を探してみて下さい☆

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする