2歳の子供が野菜を食べない!我が家で実践してる「対抗意識」を煽るテク♪

スポンサードリンク





あなたの子供たちは

お野菜ちゃんと食べてくれますか?

うちは最近全然たべてくれません(泣)

1歳のときは

何でも好き嫌いなく食べてくれていたのに、

2歳に近づくにつれて

お野菜が苦手になってきました。

好きなお肉なんかと一緒に食べさせても

野菜だけ綺麗にべぇー、

と吐き出してしまいます。

ほんとに無駄な技術だけは

1人前です。(笑)

最近は好きなものばかりたくさん食べて、

嫌なものは一切受け入れず、口に入れません。

誤魔化して口に入れても

絶対に飲み込みません。

意外と手強い我が子。

どうにかしてお野菜も食べさせたい!!

どのようにしてお野菜を

たべさせればいいのでしょうか。

どうして2歳になると野菜が食べられなくなるの?

スポンサードリンク

お野菜を食べてくれない2歳児。

結構多いですよね。

母親としては、

きちんとした栄養バランスで

健康に育ってほしいと思いますよね〜。

好き嫌いなく何でも

食べてほしいと思いますが

子供には中々伝わりませんよね。

まず、なんでお野菜を食べなくなったのか?

2歳といえばちょうどイヤイヤ期です。

なんでもいや!と抵抗してくる時期なので

本当に野菜が嫌いなわけではなくて

「なんとなくいや!」

と抵抗している場合もあります。

「野菜じゃなくてお肉がたべたい!」

などの自己主張が出てくるので

そのために野菜を食べなくなってしまう、

という可能性もあります。

他にも必要な栄養素が

分かっているからという場合もあります。

成長とともに、

自分の体に必要な栄養素が自然に分かり

それを無意識に欲しがる傾向があります。

小さい子供は甘い物や揚げ物が好きですが、

これは大きくなる上で

たくさんのエネルギー源が必要だからです。

成長とともに野菜達の栄養素を

欲してくる時期がありますので

あまり心配することはなさそうです。

イヤイヤ期で食べない場合も

無理に食べさせることはしないようにしましょう。

少しでも食べれたら

「食べれてえらいね!」

と伝えてあげてくださいね。

うちの子がお野菜を少しでも食べられた方法!

うちの息子が少しだけ

お野菜を食べられる方法があります。

それは柔らかく煮込むこと!!

息子は炒めた野菜や生野菜、煮込んでいても

シャキシャキ感のある野菜は絶対にたべません。

とろーんととろけるくらいに

煮込んであげると少しでも食べてくれます。

きっと固い食感が苦手なのだと思います。

カレーやシチュー、ポトフ、

味噌汁の具などはもちろんのこと。

チャーハンなどの炒めものの具材も

1回煮込んだり電子レンジで

チンしたりして柔らかくしてから炒めます。

そうすると

おいしいね〜!と食べてくれます。

他にも、ほかの人が食べているところを見せる

息子には3ヶ月違いのいとこがいるのですが、

その子と一緒にごはんを食べていると

いつもは食べない食材でも

食べてくれることがあります。

子供ながらに競争心があるのでしょうか。(笑)

「〇〇ちゃんすごいね!」

「玉ねぎも、食べられるんだね!」

などと言うと、息子も対抗心むきだしで

たまねぎを食べ始めます。

同世代の子がいない時には

パパやママでもできます。

「パパはにんじん食べれるんだ!すごいねー○○くん!?」

というと、

「ボクもできるもん」

と言わんばかりに食べ始めます。

こういうことも食べさせるための

テクニックです。

NHKのこども番組でやってる

ごはんの歌を歌ってあげると喜んで

パクッと食べてくれることもありますよー。

きっとテンションをあげることで

うちの息子は食べられるように

なるのかなと思います。

まとめ

子供って突然食べたくない!

と言い出し食べなくなったりします。

これは、みんなが通る道です。

お母さんからしたら野菜をたべて

栄養をつけてほしいと思いますよね^^

ですがみんなそんな時期がくるので

どうしようと深く悩まず

「食べないもん食べない!」

と割り切って考えても大丈夫です!

大きくなったら自然と

自分に必要な栄養を欲しがり、

野菜を食べるようになります。

そのときまで家族で楽しく、

ごはんを食べる習慣をつけて

食べられるようになるまで

ゆっくり待ってあげましょう。

苦手なものを食べられたときは

思いっきりほめてあげましょうね!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする