赤ちゃんに初めてのおやつは6ヶ月が良い?成長のために食べさせるべきもの

スポンサードリンク





離乳食が始まって、

食べる楽しみ・食べさせる楽しみが

増えてきます。

ごはんだけではなく、おやつも楽しみたい。

そう思うことはありませんか?

赤ちゃんのおやつは、

いつごろからあげたらいいのか、

また何をあげたらいいのか?

おやつを食べさせはじめるタイミングと、

おやつのバリエーションを紹介します。

赤ちゃんはいつからおやつを食べさせるべき?

スポンサードリンク

赤ちゃんがおやつを食べ始めるのは、

生後6ヶ月頃からが一般的です。

昔は早い時期から白湯や果汁など、

ミルク以外のものを与えていたようです。

最近は、早くても生後5か月から、

ミルク以外の飲食を始めることが

勧められています。

赤ちゃんは胃腸の発達が未熟なので、

離乳食の開始は急がなくても良い、

とされています。

おやつは、ミルク以外の飲食なので、

離乳食が始まってから

与えるようにしましょう。

離乳食は、スプーン1杯からはじまり、

徐々に量を増やしていきます。

1回に食べられる量が増え、

1日3回食まで増えて、

食事のペースが安定してきます。

まず、食事として離乳食を

食べられるようになってから、

おやつを検討します。

生後5か月から離乳食を始めると、

生後6ヶ月になるころには

おやつを与え始めるのはいい頃でしょう。

赤ちゃんに初めてのおやつは何をあげたらいいの?

離乳食の一種としてもつかわれる、

すりつぶした野菜やくだものは、

おやつとしても使えます。

サツマイモやリンゴなど、

甘みがあるものを好んで

食べる赤ちゃんもいます。

その他に最近は、

赤ちゃん用のおやつがたくさん開発され、

お店に並んでいます。

たいてい『生後〇ヶ月から』という

表記がされているので、

それを参考にするといいでしょう。

生後6ヶ月頃の、

最初のおやつとして売られているものを

いくつか紹介します。

  • 赤ちゃん用のおせんべい
  • 赤ちゃん用のクッキー
  • たまごボーロ
  • 赤ちゃん用のゼリー

赤ちゃんにおやつをあげるときに注意することは?

おやつは、あくまでも食事のおまけです。

健康や栄養を考えると、まず食事をしっかり

食べられるようにしていきましょう。

いつでも、だらだらとおやつをあげると、

空腹を感じず、

食事を食べなくなることがあります。

また、常に食べ続けていることで

虫歯になりやすく、子どもの肥満も招きます。

メリハリをつけるためにも、

おやつの時間や回数

決めておくようにしましょう。

おやつを食べさせ始める頃は、

1日1回が良いでしょう。

アレルギーを持っている赤ちゃんもいます。

離乳食は食材がシンプルで目に見えて

わかりやすいことが多いですが、

おやつはわかりにくいことも多いです。

既にアレルギーがわかっている場合は、

その食材が入っていないか確かめましょう。

おやつを食べてはじめて

アレルギー症状が出る場合があります。

何の食材が含まれているのか確かめるために、

おやつの包装に書かれている原材料を

チェックしておくことがオススメです。

最近は、アレルギー源となる材料を

含まない製品が多く開発されています。

そういうものを

選ぶのもいいでしょう。

もしアレルギー症状が出たら

すぐに病院へ行けるようにしておきましょう。

初めてのおやつを食べさせるときは、

病院が開院している時間帯を

選ぶことをオススメします。

アレルギーのほかに、

赤ちゃんには注意が必要な

食材があります。

生死に関わることもあるので、

しっかりチェックしましょう。

いくつか以下に紹介します。

【与えてはいけない食材】

  • はちみつ
  • 黒砂糖

(ボツリヌス菌が含まれていると死亡することがあります)

【注意が必要な食材】

  • たまご(生・半熟は細菌による。食中毒の危険が高い)
  • ミネラルウォーター(ミネラルが未熟な胃腸に負担をかける)

まとめ

生後6ヶ月頃になると、

大人が食べているのをみて口を動かしたり

よだれをたらしたり、食べたそうな表情を

することがありますよね。

かわいらしくて、

つい何か食べさせてあげたくなります。

ただ赤ちゃんの体は、味覚も胃腸も未熟。

なので、食べられる量や種類に

注意が必要です。

成長するごとに、

食べられるものは増えていきます。

なので初めは焦らず少しずつ、

赤ちゃんとのおやつタイムを楽しみましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする