妊娠初期に食べたくなるものは人それぞれ!気にせず食べても大丈夫?

食事

妊娠初期はつわりがあったり、

色々な体調の変化で

食べられるものも限られてきますよね!

 

私も3人の子どもを出産しましたが、

それぞれの妊娠時に

食べられるものが異なりました。

 

 

1人目の時は、

イチゴとお寿司とフライドポテト。

 

2人目の時は、

野菜と柿とフライドポテト。

 

3人目の時は、

ラーメンとお肉とフライドポテト。

 

 

…気づきました!?

 

なぜか、ジャンクフードであるフライドポテトが

毎回食べたくなったんです。

 

実は、妊娠中に食べたくなるもののアンケートでも

フライドポテトは上位にランクインするくらい、

妊婦さんの間で食べられているものなんですよ~♪

 

 

しかし、胎盤から赤ちゃんに栄養がいく、

ということを考えると、

ジャンクフードを食べて良いのかどうか

考えてしまいますよね!

 

 

そこで、今回は…

 

「妊娠中はどこまで食べ物のことに気を遣うべき?」

「妊娠中だからこそ楽しく過ごそう」

 

などの内容を含めて

ご紹介していきたいと思います。

 

 

私は2人目の時に、

妊娠糖尿病に引っ掛かりそうになり、

3人目の時に妊娠糖尿病になりました。

 

体型は普通だったので、

先生は遺伝的なものだろうと言っていました。

 

ですが、妊娠糖尿病に変わりはないから、

管理していくことに…

 

 

これがまた苦痛だったんです!

 

食前と食後に血糖値を計ったり、

血糖値が上がりにくい食べ物を食べたり、

血糖値を上げにくくする食事の順番を指導されたり…

 

 

正直、食べたいものが食べられず、苦痛でした!!

 

でも、お腹にいる赤ちゃんのことが心配だったので、

指示に従いきっちりと管理しながら過ごしましたよ。

 

 

こういった経験を踏まえて、

現在妊娠中のママのお力になることが

できればと思います!

 

 

妊娠中はどこまで食べ物のことに気を使うべき?

 

[quads id=1]

 

妊娠中は

様々なことに敏感になりますよね。

それは普通のことです。

 

自分のお腹の中には

もう一つの命が宿っているのですから、

何かと気を付けなければと思うはず。

 

 

では、食べ物のことに関しては、

どこまで気を付ければ良いのでしょうか?

 

 

☆妊娠中の食べ物で気を付けるべきこと☆

 

生もの

 

一つ目は生ものです。

魚(お刺身)、お肉、生卵などですね。

 

魚や貝類は食中毒の原因になったり、

魚に含まれる水銀が体内に入ってしまったり、

ということが考えられるからです。

 

しかしこれらは、

食べる種類や量にもよりますので、

食べ過ぎは禁物というところでしょう。

 

 

生肉はトキソプラズマという寄生虫が

付いている可能性があることから

十分に加熱することが望ましいです。

 

私も妊娠中にステーキ屋さんで

ミディアムレアぐらいのステーキを食べてから、

「あ!そういえば、十分に加熱していないお肉って

たしか駄目なんじゃ!?」

と、食べてから心配になった記憶があります。

 

その時は大丈夫でしたけどね…

 

 

また、生卵や卵の殻には

サルモネラ菌が付いている可能性が高いので、

注意が必要です。

 

赤ちゃんには影響はないですが、

ママが食中毒になる場合があります。

 

 

カフェイン

 

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、

胎盤を通じて赤ちゃんにも影響を与えてしまいます。

 

どうしても

カフェイン入りの飲食物を摂取したい場合は、

1日200~300㎜gを目安に摂取しましょう。

 

濃度にもよりますが、

コーヒーだと2~3杯程度ですね。

 

 

最近はカフェインレスのコーヒーを

取り扱うお店も増えています。

 

私はベビー用品店でカフェインレスの

コーヒーを購入して飲んでいましたよ♪

 

 

インスタント食品やレトルト食品

 

これらの食品には

塩分や添加物が多く含まれています。

 

少し食べたくらいでは何ともないと思いますが、

ほとんど毎食食べているようだと良くありません。

 

 

ナチュラルチーズ

 

ナチュラルチーズを食べると

「リステリア菌」に感染する危険性があります。

 

リステリア菌に感染すると、

食中毒のような症状が出ます。

吐き気や発熱、下痢などなど…

 

 

そして怖いのが、

妊娠中にリステリア菌に感染すると、胎盤を通じて

胎児にも感染してしまうということです。

 

妊娠初期の場合には流産の可能性、

それ以降になると早産や死産になる可能性がある、

とも言われています。

 

 

また、新生児が髄膜脳炎を

発症することもあるようです。

 

 

【ナチュラルチーズ】
  • モッツァレラ
  • カマンベール、
  • ゴルゴンゾーラ
  • ブルーチーズ
  • パルメザン
  • チェダー
  • ゴーダ
  • フロマージュブラン
  • リコッタ

などなど

 

 

私はチーズ好きで

パスタにもパルメザンチーズを

かけまくっていたのですが、

さすがに妊娠中は我慢しましたよ~。

 

国内産のナチュラルチーズは

安全と言われているようですが、

私は食べませんでした!

 

 

アルコール

 

アルコールは控えるべき飲み物として

有名ですよね。

 

アルコールやタバコなどのし好品は、

胎盤を通じて胎児に影響します(発達を妨げるなど)。

 

また、生まれてくる赤ちゃんが

「胎児性アルコール症候群」を引き押す可能性がある、

と言われています。

 

 

胎児性アルコール症候群とは…

  • 発育の遅れ
  • 身体障害
  • 頭が小さいなどの特異的容姿
  • 精神的影響(うつ病、中枢神経障害など)

が見られます。

 

 

妊婦さん自身や、

赤ちゃんに影響が出るような飲食物を避ければ、

特にどのような食べ物がダメ!

と、制限することはないでしょう。

 

上記に挙げただけでも結構多く感じますが、

赤ちゃんのことを考えれば我慢できますよね♪

 

 

また、妊娠中に栄養指導などがあると思いますので、

その時に食べて良いもの悪いものを

聞いておくと安心ですよ☆

 

 

ストレスが何より赤ちゃんに悪い!妊娠中だからこそ楽しく過ごそう

 

 

妊娠中にストレスを溜めることは

よくありません!

 

食べたいものを我慢するということも、

結構ストレスになりますよね。

 

ママの体や赤ちゃんに

悪影響を及ぼす可能性がある食べ物を避ければ、

大体の物はOKですが

どんなものでも食べ過ぎはNGです!

 

 

特にジャンクフードは

塩分や添加物などが多く含まれています。

 

それを食べ過ぎてしまうと、

やはり体によくありません。

 

そうならないためにも、

週に何回、と決めて食べることを

おすすめします。

 

 

食事以外の家事なども、できる範囲で行い

無理はしないようにして下さいね!

 

誰に何を言われようと、

ママの体とお腹の赤ちゃんが最優先ですよ♪

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

赤ちゃんのことを考えると

食べ物にも気を遣ってしまいますよね。

 

食べたいものを我慢すると、

ストレスになってしまいますので

注意しながらほどほどに食べるようにしましょう♪

 

赤ちゃんもママも健康に元気で

10か月間を過ごせるようにして下さいね☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました