離乳食初期にサラダほうれん草って使えるの?ほうれん草との違いとは?

スポンサードリンク





離乳食初期に

ほうれん草をあげたいな~と思っている

そこのあなた!!

サラダほうれん草というのはご存知ですか?

実は私も最近知って、

実際に食べてみたのですが…

生で食べれる!!

ほうれん草よりも食べやすい!!

というのが感想です。

実際に食べてみるとわかるのですが、

生でもアクもクセもなく

とっても食べやすいんです。

離乳食初期は、

特に素材そのものの味を感じることになるので、

普通のほうれん草では少し嫌がる赤ちゃんも

いるかもしれません。

しかし、サラダほうれん草は食べやすいので、

もしかしたら好んで食べてくれるかも??

そこで、今回は…

「離乳食初期に使いやすい?サラダほうれん草とほうれん草の違いとは?」

「離乳食初期にサラダほうれん草を使う場合はどうしたら良い?調理法をご紹介!!」

などの内容を

ご紹介していきたいと思います。

我が家には、

5ヶ月の赤ちゃんがいます。

実際にサラダほうれん草を食べたのは、

私と主人と上の子2人だけ。

赤ちゃんにサラダほうれん草を

あげたことはありません。

ですが、大人でも幼児でも美味しく食べられる

サラダほうれん草の方が

離乳食に向いている気がします!!

サラダほうれん草は、

離乳食初期に向いている食材なのか、

しっかりと調べてみました♪

離乳食初期に使いやすい?サラダほうれん草とほうれん草の違い

スポンサードリンク

離乳食初期にサラダほうれん草を

食べさせて良いのかどうか…

答えは、「OK」です。

サラダほうれん草でも、

普通のほうれん草でもOKです。

では、このサラダほうれん草と

普通のほうれん草…

どのような違いがあるのでしょうか?

☆サラダほうれん草☆

  • 水耕栽培
  • 生で食べられる(赤ちゃんに与える場合は必ず加熱して下さい)
  • アクが少ない
  • 苦みが少ない
  • 柔らかい
  • 葉の部分でも繊維が多い

☆ほうれん草☆

  • 土耕栽培
  • 生では食べない方が良い
  • アクやエグミが強い
  • サラダほうれん草に比べると固い

2つを比較してみると、

このような違いがあります。

ほうれん草のアクやエグミというのは、

シュウ酸という物質が主な原因です。

土耕栽培のほうれん草は

シュウ酸が多く含まれます。

ですが水耕栽培のサラダほうれん草は、

土からのシュウ酸を取り込むことがないので、

アクやエグミが少ないのです。

気になる栄養分は…変わりません。

離乳食初期にサラダほうれん草を使う場合はどうしたら良い?調理法をご紹介!!

離乳食初期でも、サラダほうれん草が

使えることがわかりましたね!!

では、サラダほうれん草は

どのように調理したら良いのでしょうか?

☆離乳食初期のサラダほうれん草の調理方法とは?☆

1.使う部分は葉の部分のみ!!しっかり洗う。

2.鍋にお水を入れ、沸騰させる。

3.2の沸騰させた鍋に1を入れる。

4.茹であがったら、水にさらしてアク抜きする。

(サラダほうれん草はアクが少ないですが…)

5.水気を切り、ミキサーやブレンダーでペースト状にする。

6.5をこし器や茶こしでこす。

*サラダほうれん草を

離乳食に利用した方の感想を見ると、

通常のほうれん草よりも繊維が多いそう。

なので、一度こした方が良さそうです。

☆ほうれん草を食べなかった赤ちゃんは…☆

赤ちゃんがほうれん草を食べてくれなかった時は、

諦めてしまわずに、

サラダほうれん草も試してみてはいかがでしょう?

サラダほうれん草は、大人でも食べやすいです。

また、我が家の3歳と2歳の息子たちは、

生でもすんなり食べてくれましたよ♪

小さい子供でも

食べることができるほうれん草なので、

再度、サラダほうれん草で

チャレンジしてみるのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

離乳食初期でサラダほうれん草を食べさせても良いのか?

と悩んでいる方は、参考になりましたでしょうか?

ほうれん草には、サラダほうれん草の他にも

ちぢみほうれん草などの種類もあるので、

離乳食で使う場合には悩みますよね!

サラダほうれん草は食べやすいものなので、

もし普通のほうれん草でダメだった場合は、

試してみる価値アリですよ♪

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする